スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第6話 「一度した約束は死んでも守れ」



第6話 「一度した約束は死んでも守れ」

桂の爆弾から結果的には皆を守った銀時たちだったが、その後警察の取り調べを受けていた。銀時たちの仕業だろうと疑い続ける警察に、じっと時計を見つめていた新八がついに切れる。その剣幕に、彼らはようやく釈放されるのだった。警察署の前で恨み言を並べる銀時と神楽をおいて、新八は一人足早に去っていく。そして残された銀時と神楽の前に、脱獄囚が警察に追われやってきた。男は神楽を人質にとり、銀時にパトカーを運転させ逃走を図る。なぜ逃げたのかを問う銀時に男は「今日は特別な日だから……」とだけ答えるのだった。








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://vegakeiba2.blog51.fc2.com/tb.php/220-a1c89726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

tB[Yr[ |RA

tB[Yr[ ?n?Ă?n\zTCg?ė\z?悤IPv?P?nIC^[lbg?n\zTCg?p?n\z悤I?... n\zlbg【2010/04/21 22:25】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。